日産、新旧 スカイライン を米国で併売…「インフィニティQ40」に車名変更

自動車 ニューモデル 新型車

インフィニティQ40(先代日産スカイライン)
  • インフィニティQ40(先代日産スカイライン)
  • インフィニティQ40(先代日産スカイライン)
  • インフィニティQ40(先代日産スカイライン)
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは7月18日、米国向け2015年モデルのラインナップを発表。新たに『Q40』を設定した。

すでにインフィニティは、入門コンパクトカーとして、『Q30』を投入すると発表済み。また、新型日産『スカイライン』は、海外ではインフィニティ『Q50』として販売されている。

2015年モデルで新登場したQ40は、このQ30とQ50の間を埋める車種。その実態は、『G37セダン』(先代日産スカイライン)の車名変更モデル。米国では2015年半ばまで、インフィニティQ50と、インフィニティG37セダンが併売される。2台は価格帯が異なるため、顧客のニーズに応える必要があるとして、併売を決めた。

今回、これを受けて、G37セダンにも、車名に「Q」を冠したインフィニティの最新呼称方式を導入。Q40として、再出発を図ることになった。

Q40にはFR車と、4WDの「Q40 AWD」の2グレードを用意。ボディカラーは、4色のみ。2014年8月、米国市場で発売される予定。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品