大阪~札幌の寝台特急『トワイライトエクスプレス』来春廃止へ

鉄道 企業動向

大阪~札幌間の寝台特急『トワイライトエクスプレス』。車両の老朽化に伴い2015年春に廃止されることが決まった。
  • 大阪~札幌間の寝台特急『トワイライトエクスプレス』。車両の老朽化に伴い2015年春に廃止されることが決まった。
  • 『トワイライトエクスプレス』編成の大阪方1号車。A寝台1人用個室「ロイヤル」のほか、後方展望スペース付きのA寝台2人用個室「スイート」も設置されている。
  • 1号車「スイート」の寝室。ツインベッドが設けられている。
  • 後方展望スペースが設けられた1号車「スイート」のリビング。
  • 「スイート」には洗面台・トイレと一体となったシャワー室も設置されている。
  • 4号車のサロンカー「サロン・デュ・ノール」。
JR西日本は5月28日、大阪~札幌間で運転している寝台特急『トワイライトエクスプレス』を2015年春に廃止すると発表した。同社は車両の老朽化に伴い運行の終了を決めたとしている。

『トワイライトエクスプレス』は本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通から1年後の1989年7月21日、大阪~札幌間を日本海沿いに結ぶ団体臨時列車として運転を開始。同年12月2日からは毎週数回運転される一般の臨時列車となった。全体の走行距離は約1500km、所要時間は22時間台で、臨時列車を含めた場合は日本一長い距離を走る旅客列車となっている。

使用車両は旧国鉄時代に製造された24系寝台客車などを『トワイライトエクスプレス』用に改造した車両だが、展望室付きのA寝台2人用個室「スイート」やサロンカー「サロン・デュ・ノール」などを設けており、豪華な寝台列車として人気が高い。

当面は大阪発が毎週月・水・金・土曜、札幌発が火・木・土・日曜を中心に運転されるが、10月以降は青函トンネルで在来線と線路を共用することになる北海道新幹線(2016年春部分開業予定)の設備検査などに伴い、一部の運転日において運行時刻の変更が発生する。時刻の変更が発生する日は11月12・17・27・29日と2015年1月13・19・21・23日(札幌発は翌日)の予定。具体的な変更時刻は後日案内するとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  2. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  3. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

    川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  4. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  5. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  6. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  7. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  8. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

  9. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

  10. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

アクセスランキングをもっと見る