日産 スカイライン、2.0リットル直列4気筒ターボ追加へ…R32以来の直4採用 | レスポンス(Response.jp)

日産 スカイライン、2.0リットル直列4気筒ターボ追加へ…R32以来の直4採用

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車を代表するスポーツセダン、新型『スカイライン』。3.5リットルV型6気筒ハイブリッドだけの同車に間もなく、2.0リットルエンジン搭載車が追加される。

これは4月中旬、日産自動車が開催した「2014年度国内販売の取組」説明会において、同社の西川廣人 副社長が明らかにしたもの。「新型の2.0リットルガソリンエンジンを搭載したスカイラインを、5月に発表する予定」と公表している。

この新型エンジンについて、西川副社長は、「ダイムラーとのパートナーシップの中から、最初の果実となる」と説明。この発言から、2013年11月、広州モーターショー13で初公開されたインフィニティ『Q50』(日本名:新型日産スカイライン)の4気筒ガソリンエンジン仕様を指しているのは確実。

新型の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、1991ccの排気量を備えた直噴ターボユニット。最大出力は214ps/5500rpm、最大トルクは32.6kgm/1250-3500rpmを発生する。このエンジンは、ダイムラー傘下のメルセデスベンツが、デトロイトモーターショー14で発表した新型『Cクラスセダン』にも搭載される。

現在、新型スカイラインのパワートレインは、3.5リットルV6ハイブリッドのみ。日産は2.0リットルガソリンエンジン搭載車を追加し、顧客層を拡大する戦略だ。スカイラインに直列4気筒エンジンが搭載されるのはR32型(1989-93)以来21年ぶり。また2リットルの直4ターボはDR30型(「2000ターボRS」)以来31年ぶりとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品