日産 スカイライン、2.0リットル直列4気筒ターボ追加へ…R32以来の直4採用

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車を代表するスポーツセダン、新型『スカイライン』。3.5リットルV型6気筒ハイブリッドだけの同車に間もなく、2.0リットルエンジン搭載車が追加される。

これは4月中旬、日産自動車が開催した「2014年度国内販売の取組」説明会において、同社の西川廣人 副社長が明らかにしたもの。「新型の2.0リットルガソリンエンジンを搭載したスカイラインを、5月に発表する予定」と公表している。

この新型エンジンについて、西川副社長は、「ダイムラーとのパートナーシップの中から、最初の果実となる」と説明。この発言から、2013年11月、広州モーターショー13で初公開されたインフィニティ『Q50』(日本名:新型日産スカイライン)の4気筒ガソリンエンジン仕様を指しているのは確実。

新型の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、1991ccの排気量を備えた直噴ターボユニット。最大出力は214ps/5500rpm、最大トルクは32.6kgm/1250-3500rpmを発生する。このエンジンは、ダイムラー傘下のメルセデスベンツが、デトロイトモーターショー14で発表した新型『Cクラスセダン』にも搭載される。

現在、新型スカイラインのパワートレインは、3.5リットルV6ハイブリッドのみ。日産は2.0リットルガソリンエンジン搭載車を追加し、顧客層を拡大する戦略だ。スカイラインに直列4気筒エンジンが搭載されるのはR32型(1989-93)以来21年ぶり。また2リットルの直4ターボはDR30型(「2000ターボRS」)以来31年ぶりとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

    ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

  2. メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

    メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

  3. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  4. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  5. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

  6. ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

  7. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  8. ジープ、生誕75周年記念モデルの第2弾を発売…ラングラーとグランドチェロキー

  9. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  10. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

アクセスランキングをもっと見る