【マクラーレン 650S 発売】ファミリーフェイスを重視したデザイン | レスポンス(Response.jp)

【マクラーレン 650S 発売】ファミリーフェイスを重視したデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

マクラーレン『650S』のデザインは、ファミリーフェイスに重きを置いてデザインされた。

そう話すのは、マクラーレン・オートモーティブ最高技術責任者(CTO)のカルロ・デラ・カーサ氏。「それぞれ細かなところは違うが、よく見るとちゃんとマクラーレンだということがわかる顔立ちになっている」という。

一例としてカルロ氏は、ヘッドライトを挙げ、「マクラーレンの“スピードマーク”ロゴをデザインに反映させたこのヘッドランプは、『P1』から受け継いだものだ」と話す。また、「全体的にスマイリングフェイスになっていることも他モデルと共通するポイントだ」と説明。

「リアバンパーも、『12C GT3』から続いている、3ピースバンパーを採用し、エアロダイナミクスを最適化するようにデザインされている」と述べる。

カルロ氏は、「このように一目でマクラーレンだとわかるようにデザインしながらも、そこには、“form follows function(デザインは機能に従う)”に忠実にデザインされているのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品