人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【マクラーレン 650S 発売】ファミリーフェイスを重視したデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

マクラーレン『650S』のデザインは、ファミリーフェイスに重きを置いてデザインされた。

そう話すのは、マクラーレン・オートモーティブ最高技術責任者(CTO)のカルロ・デラ・カーサ氏。「それぞれ細かなところは違うが、よく見るとちゃんとマクラーレンだということがわかる顔立ちになっている」という。

一例としてカルロ氏は、ヘッドライトを挙げ、「マクラーレンの“スピードマーク”ロゴをデザインに反映させたこのヘッドランプは、『P1』から受け継いだものだ」と話す。また、「全体的にスマイリングフェイスになっていることも他モデルと共通するポイントだ」と説明。

「リアバンパーも、『12C GT3』から続いている、3ピースバンパーを採用し、エアロダイナミクスを最適化するようにデザインされている」と述べる。

カルロ氏は、「このように一目でマクラーレンだとわかるようにデザインしながらも、そこには、“form follows function(デザインは機能に従う)”に忠実にデザインされているのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  5. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  6. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  7. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  10. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

アクセスランキングをもっと見る