西武、初乗り運賃区間の往復割引乗車券発売…4月の運賃改定後に

鉄道 企業動向

西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
西武鉄道は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売する。同社が3月26日発表した。消費税率引き上げに伴い4月から同社の初乗り運賃(きっぷの場合)は150円に改定されるため、往復で300円となるところを、10円安い290円で発売する。

発売日・有効期間は利用当日限りで、小竹向原を除く西武線の全駅で発売する。有効区間は150円区間内の1往復で、区間外に乗り越した場合は区間外の運賃を別に支払う必要がある。

西武は「練馬高野台駅から石神井公園駅のEmio(駅の商業施設)へのお買い物、上石神井駅から武蔵関駅へお花見に行くなど、近くの駅へのちょっとしたお出かけの際」の利用を呼びかけている。

西武線の現在の初乗り運賃は140円。4月1日以降は切符の場合150円、ICカード利用の1円刻みの場合は144円となる。
《編集部》
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、「嵐」のため臨時列車運行

    JR東日本、「嵐」のため臨時列車運行

  2. 小田急電鉄のロマンスカー、海老名と伊勢原に停車へ…来春ダイヤ改正から

    小田急電鉄のロマンスカー、海老名と伊勢原に停車へ…来春ダイヤ改正から

  3. JR東日本のケーブル火災続発、太田国交相が原因究明を指示

    JR東日本のケーブル火災続発、太田国交相が原因究明を指示

  4. 阪堺電軌、上町線住吉~住吉公園間を廃止へ…来年1月

  5. 小田急、ロマンスカー「MSE」を10両増備へ

  6. 一部不通の肥薩線、8月31日から一部代行輸送…おれんじは29日夜再開へ

  7. 札幌市電ループ化、開業は2015年10月以降に

  8. 西武鉄道の新型車「40000系」、2017年春から運行開始…ロング・クロス転換機構を搭載

  9. えちぜん鉄道、高架化や新駅開業などでダイヤ改正…9月27日

  10. JR貨物、フェリー火災事故に対応した臨時列車引き続き運行

アクセスランキングをもっと見る