西武、初乗り運賃区間の往復割引乗車券発売…4月の運賃改定後に

鉄道 企業動向

西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
西武鉄道は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売する。同社が3月26日発表した。消費税率引き上げに伴い4月から同社の初乗り運賃(きっぷの場合)は150円に改定されるため、往復で300円となるところを、10円安い290円で発売する。

発売日・有効期間は利用当日限りで、小竹向原を除く西武線の全駅で発売する。有効区間は150円区間内の1往復で、区間外に乗り越した場合は区間外の運賃を別に支払う必要がある。

西武は「練馬高野台駅から石神井公園駅のEmio(駅の商業施設)へのお買い物、上石神井駅から武蔵関駅へお花見に行くなど、近くの駅へのちょっとしたお出かけの際」の利用を呼びかけている。

西武線の現在の初乗り運賃は140円。4月1日以降は切符の場合150円、ICカード利用の1円刻みの場合は144円となる。
《レスポンス編集部》
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する
  • 西武は4月1日から、初乗り運賃区間の往復割引乗車券「おとなりきっぷ」を発売すると発表。往復300円となるところを290円で発売する

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 銚子電鉄、デハ1001の引退記念列車を運行…2月27・28日

    銚子電鉄、デハ1001の引退記念列車を運行…2月27・28日

  2. 岳南電車、岳南江尾駅で電車まつりを開催…3月20日

    岳南電車、岳南江尾駅で電車まつりを開催…3月20日

  3. 北大阪急行電鉄、新型車「POLESTAR II」のデザイン変更…2月下旬に3次車デビュー

    北大阪急行電鉄、新型車「POLESTAR II」のデザイン変更…2月下旬に3次車デビュー

  4. 東海道線の“名阪特急”、大阪発着特急「しなの」のレクイエム

  5. 政府が改正踏切道改良促進法を閣議決定…カラー舗装などの対策実施へ

  6. JR東日本の仙石東北ライン、石巻線の終点・女川まで延長…夏頃から

  7. 道南いさりび鉄道、漁り火イメージの特別車両「ながまれ号」導入

  8. 阪堺電軌上町線、役目を終えた200mの線路と普段どおりの門前町[フォトレポート]

  9. JR東日本、3月からフランス駅構内で駅弁販売…テロ影響で3カ月遅れ

  10. 東京~札幌間、北海道新幹線開業で日帰り可能に…来年3月ダイヤ改正

アクセスランキングをもっと見る