人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

米国製スーパーカー、ヴェノムGT に世界最高速記録記念車…435.31km/hを誇示

自動車 ニューモデル 新型車

2014年2月、435.31km/hという市販車の世界最高速記録を打ち立てた米国ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング製スーパーカー、『ヴェノムGT』。これを記念した特別モデルが登場した。

ヴェノムGTは、英国ロータスカーズの『エリーゼ』をベースにしたスーパーカー。カーボンファイバーをボディパネルはもちろん、ホイールにまで使用し、車両重量は1220kgに抑えた。

そのミッドシップには、先代シボレー『コルベット』の「ZR-1」用のLS9型6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンをベースに、ツインターボ化したユニットを搭載。最大出力1030ps、最大トルク134.4kgmを引き出し、0 - 100km/h加速2.9秒、最高速418km/hという世界最高峰の性能を実現した。最新モデルでは、排気量が7.0リットルに拡大され、最大出力1260psを獲得する。

2月14日、最新型のヴェノムGTが米国フロリダ州のNASAケネディ宇宙センターの滑走路(全長5km)において、最高速計測を実施。そしてヴェノムGTは、435.31km/hという驚異的な最高速を記録した。これは、規定によりギネス記録とはならなかったが、ブガッティ『ヴェイロン』が2010年に打ち立てた431.072km/hを、4.2km/h上回るもの。また、別計測で樹立した0-300km/h加速13.63秒は、ギネス記録と認定された。

3月25日、ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は、ヴェノムGTに「ワールド・ファーステスト・エディション」を設定すると発表。最高速435.31km/hと、0-300km/h加速13.63秒という2つの記録達成を記念した特別モデルだ。ホワイトのボディカラーを基本に、赤と青のストライプを添えた。これは、米国の国旗がモチーフ。

ワールド・ファーステスト・エディションは、3台のみを生産。米国での価格は、125万ドル(約1億2790万円)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  5. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  6. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  7. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  9. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  10. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

アクセスランキングをもっと見る