米国製スーパーカー、ヴェノムGT に世界最高速記録記念車…435.31km/hを誇示

自動車 ニューモデル 新型車

2014年2月、435.31km/hという市販車の世界最高速記録を打ち立てた米国ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング製スーパーカー、『ヴェノムGT』。これを記念した特別モデルが登場した。

ヴェノムGTは、英国ロータスカーズの『エリーゼ』をベースにしたスーパーカー。カーボンファイバーをボディパネルはもちろん、ホイールにまで使用し、車両重量は1220kgに抑えた。

そのミッドシップには、先代シボレー『コルベット』の「ZR-1」用のLS9型6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンをベースに、ツインターボ化したユニットを搭載。最大出力1030ps、最大トルク134.4kgmを引き出し、0 - 100km/h加速2.9秒、最高速418km/hという世界最高峰の性能を実現した。最新モデルでは、排気量が7.0リットルに拡大され、最大出力1260psを獲得する。

2月14日、最新型のヴェノムGTが米国フロリダ州のNASAケネディ宇宙センターの滑走路(全長5km)において、最高速計測を実施。そしてヴェノムGTは、435.31km/hという驚異的な最高速を記録した。これは、規定によりギネス記録とはならなかったが、ブガッティ『ヴェイロン』が2010年に打ち立てた431.072km/hを、4.2km/h上回るもの。また、別計測で樹立した0-300km/h加速13.63秒は、ギネス記録と認定された。

3月25日、ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は、ヴェノムGTに「ワールド・ファーステスト・エディション」を設定すると発表。最高速435.31km/hと、0-300km/h加速13.63秒という2つの記録達成を記念した特別モデルだ。ホワイトのボディカラーを基本に、赤と青のストライプを添えた。これは、米国の国旗がモチーフ。

ワールド・ファーステスト・エディションは、3台のみを生産。米国での価格は、125万ドル(約1億2790万円)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ CX-9 新型、米メディアがテスト[動画]

    マツダ CX-9 新型、米メディアがテスト[動画]

  2. 日産 GT-R、初期型にリフレッシュプランを提案[写真蔵]

    日産 GT-R、初期型にリフレッシュプランを提案[写真蔵]

  3. トヨタの新型ミニバン、インドネシアでスクープ…新興国向け

    トヨタの新型ミニバン、インドネシアでスクープ…新興国向け

  4. アウディ A5 クーペ 新型、LEDライトが光った

  5. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  6. 日産 セレナ NISMO、パフォーマンスパッケージで精悍なスタイルに[写真蔵]

  7. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  8. 日産 GT-R、レクサス RC FとBMW M4 と加速競争[動画]

  9. 600馬力のスーパーメルセデス...その名は「GT-R」!

  10. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

アクセスランキングをもっと見る