万葉線、高岡駅ビル延伸で停留場名を変更

鉄道 企業動向

富山県高岡市内の路面電車を運行している万葉線株式会社は3月29日、高岡駅ステーションビルのオープン(3月29日)にあわせ、同ビルへの乗り入れを開始する。これに伴い停留場名の変更とダイヤ改正も行う。

万葉線は、高岡駅前~六渡寺間の高岡軌道線と六渡寺~越ノ潟間の新湊港線を運営している第三セクター。法的には高岡軌道線が軌道法に基づく軌道、新湊港線が鉄道事業法に基づく鉄道に分かれているが、実質的には高岡駅前~越ノ潟間を結ぶ「万葉線」として一体的に運営されている。

起点の高岡駅前停留場はJR高岡駅の駅舎から少し離れた場所に設置されていたが、駅周辺整備事業により建設された高岡駅ステーションビルまで軌道を延伸することになり、3月29日から同ビル1階に設けられた新しい停留場に乗り入れる。新しい停留場は高岡駅前停留場を移設する形で設けられるが、停留場の名称は「高岡駅」に変更される。同時に本丸会館前停留場も「急患医療センター前」に改称される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道、東武に先駆けSL列車を「運転」…5月28・29日

    西武鉄道、東武に先駆けSL列車を「運転」…5月28・29日

  2. JR九州、豊肥線の特急『あそぼーい!』を鹿児島線で臨時運転…地震で運休中

    JR九州、豊肥線の特急『あそぼーい!』を鹿児島線で臨時運転…地震で運休中

  3. 東武鉄道、東武アーバンパークライン六実~逆井間の複線化に着手…2019年度末完成目指す

    東武鉄道、東武アーバンパークライン六実~逆井間の複線化に着手…2019年度末完成目指す

  4. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  5. 東武鉄道の新型特急、会津鉄道にも直通…来春運転開始

  6. SL復活の東武、30年ぶりディーゼル再来…DE10 異例のセカンドキャリア

  7. 東武鉄道のSL列車、車掌車やディーゼル機関車も連結…JR5社からかき集める

  8. JR九州、豊肥線の復旧「かなりの時間を要する見込み」…熊本地震

  9. 揺れる札幌駅新幹線ホームの設置案…「西側新設案」を見てみた

  10. 西武鉄道、52席だけの「至福」観光電車を公開…定員10分の1に

アクセスランキングをもっと見る