万葉線、高岡駅ビル延伸で停留場名を変更

鉄道 企業動向

富山県高岡市内の路面電車を運行している万葉線株式会社は3月29日、高岡駅ステーションビルのオープン(3月29日)にあわせ、同ビルへの乗り入れを開始する。これに伴い停留場名の変更とダイヤ改正も行う。

万葉線は、高岡駅前~六渡寺間の高岡軌道線と六渡寺~越ノ潟間の新湊港線を運営している第三セクター。法的には高岡軌道線が軌道法に基づく軌道、新湊港線が鉄道事業法に基づく鉄道に分かれているが、実質的には高岡駅前~越ノ潟間を結ぶ「万葉線」として一体的に運営されている。

起点の高岡駅前停留場はJR高岡駅の駅舎から少し離れた場所に設置されていたが、駅周辺整備事業により建設された高岡駅ステーションビルまで軌道を延伸することになり、3月29日から同ビル1階に設けられた新しい停留場に乗り入れる。新しい停留場は高岡駅前停留場を移設する形で設けられるが、停留場の名称は「高岡駅」に変更される。同時に本丸会館前停留場も「急患医療センター前」に改称される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

    【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  4. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  5. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. 日台友好列車走る脇で…台北・杉戸の一大車両工場が“進化”

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る