京都鉄道博物館が着工…19両は「トップナンバー」に

鉄道 企業動向

京都鉄道博物館の安全祈願祭に出席したJR西日本の真鍋社長。2016年春のオープンを目指す。
  • 京都鉄道博物館の安全祈願祭に出席したJR西日本の真鍋社長。2016年春のオープンを目指す。
  • 京都鉄道博物館の鳥瞰(ちょうかん)イメージ。既設の梅小路蒸気機関車館と一体的に整備する。
  • 京都鉄道博物館エントランスのイメージ。保有車両約50両のうち15両はトップナンバー車とする計画だ。
京都鉄道博物館の建設予定地(京都市下京区)で1月31日、建築工事の安全祈願祭が行われ、JR西日本の真鍋精志社長や京都市の門川大作市長らが出席して工事の安全を祈願した。2016年春のオープンを目指す。

京都鉄道博物館は、蒸気機関車を動態保存している梅小路蒸気機関車館と一体的に整備する新しい鉄道博物館。JR西日本が所有し、交通文化振興財団に運営・管理を委託する。

総面積は約3万1000平方mで、約70億円かけて整備する。保存車両は国内最大規模の約50両とし、このうち19両は各形式の最初に製造された車両(トップナンバー車)とする計画だ。

真鍋社長は「博物館ができることで、国際的観光地である京都の発展になればと思う。国内外から多くのお客様に来ていただきたい」とし、「動いているSLに乗っていただき、実際にその迫力に触れていただきたい。多くの鉄道ファンにご愛顧いただけるものとしたい」と述べた。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  2. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  3. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

    JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  4. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  5. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  6. 東武鉄道のSL列車、車掌車やディーゼル機関車も連結…JR5社からかき集める

  7. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  8. JR東日本、東北本線で平泉世界遺産登録5周年記念のラッピング車運転…701系を装飾

  9. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  10. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

アクセスランキングをもっと見る