【デトロイトモーターショー14】日産 スカイライン 新型に究極の高性能版、インフィニティ Q50 オールージュ…500ps以上を想定

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは1月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー14において、『Q50オールージュ』を初公開した。

Q50オールージュは、インフィニティ『Q50』(日本名:新型『日産スカイライン』)をベースにした高性能コンセプトカー。インフィニティと技術提携を結んでいるF1のレッドブルレーシングと協力。F1マシンの技術を応用し、エアロダイナミクス性能を追求している。

なお、車名のオールージュとは、F1も開催されるベルギーの有名サーキット、スパ・フランコルシャンのコーナー名に由来。

ベース車両のQ50に対して、ルーフとドア以外のデザインを変更。フロントのリップスポイラー、サイドのシルスカート、リアのディフューザーなどで構成されるカーボンファイバー製のエアロパーツが装備される。また、ルーフの形状は市販車と同じながら、カーボン素材に変更。ドアミラーカバーもカーボン製。足元は21インチのアルミホイールで引き締められた。

1月13日、インフィニティはデトロイトモーターショー14において、Q50オールージュの詳細を公表。注目のパワートレインに関する発表が行われた。インフィニティのヨハン・ダ・ネイスン社長は、「V型エンジンを強化して搭載する。量産するとすれば、最大出力は500ps以上、最大トルクは83kgm以上となるだろう」と述べ、驚異的なパワースペックを想定していることを示唆している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品