【スズキ ハスラー 発表】OEM供給のマツダ フレアクロスオーバー、どこが違う?

自動車 ニューモデル 新型車

12月26日、マツダから『フレアクロスオーバー』が発表された。一見して分かるように、スズキ『ハスラー』のOEMとして供給される“バッジエンジニアリング”モデルだ。

この両車、フロントグリルとテールゲートおよびホイール、そしてステアリングパッド部分のブランドバッジ以外に違いがなく、両車を遠くから見分けるのは不可能に近い。しかし、ボディカラーが整理されておりキャンディピンクメタリック/ホワイト、パールホワイト/ブラック、スチールシルバーメタリック/ブラックの2トーンカラーモデルとアーバンブラウンパールメタリックが選べるのはハスラーのみとなっている。

ラインナップの面では、両車で微妙な違いがある。まず、フレアクロスオーバーは全車CVTとなり、MTの設定がない。それに、ハスラーに最廉価グレードとして設定されている「A」に相当するグレードがフレアクロスオーバーにはない。また、ハスラーでは「G」と「X」でターボ車の装備レベルをチョイスできるが、フレアクロスオーバーではターボ車(「XT」)は最上級グレードの位置づけとなっている。

フレアクロスオーバーの価格は、最廉価の「XG」が128万5200円(2WD・CVT)で、ハスラー「G」の121万1700円(2WD・CVT)よりも7万3500円高い。これはハスラー Gでオプション(または装着不可)だったディスチャージヘッドライトや運転席シートリフター、リアヒーターダクトなどがフレアクロスオーバー XGでは標準装着となるためだ。

このフレアクロスオーバー、マツダのOEM車としては珍しく目標販売台数を設定しており、その数は月販500台、年間にして6000台を販売する計画。これでマツダの軽乗用車は、フレア、『フレアワゴン』(『スペーシア』)、『キャロル』(『アルト』)、『スクラム』(『エブリィ』)、『AZオフロード』(ジムニー)と合わせて6車種の展開となり、カスタムモデルなどのバリエーションを除けば三菱より多くホンダに並ぶ数となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

    メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  2. スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

    「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター、ハードトップの「RF」欧州初公開へ

  5. BMW 2シリーズ 高性能モデル、340馬力の「M240i」に進化

  6. アウディ A7 スポーツバック、欧州で2017年型…装備が充実

  7. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  8. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  9. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  10. 日産×メルセデス、新型ピックアップトラック「Xクラス」が走った!

アクセスランキングをもっと見る