気仙沼線BRTダイヤ改正で所要時間短縮…専用道が倍増

鉄道 企業動向

線路敷地を活用した専用道が大幅に増えた気仙沼線BRT。所要時間も短縮され、柳津~気仙沼間は最速便で106分になった。
  • 線路敷地を活用した専用道が大幅に増えた気仙沼線BRT。所要時間も短縮され、柳津~気仙沼間は最速便で106分になった。
  • 柳津~気仙沼間を結ぶ気仙沼線BRTの路線図。当初は専用道が約2kmしかなかったが、その後も順次整備され、9月5日ダイヤ改正時点で専用道の距離は約22kmになった。
  • 今回のダイヤ改正で新たに使用を開始した陸前戸倉~志津川間(陸前戸倉方)の専用道。陸前戸倉駅の乗り場(手前)もかつての線路敷地内に移設された。
JR東日本は9月5日、柳津(宮城県登米市)~本吉(南三陸町)~気仙沼(気仙沼市)間55.3kmを結ぶ気仙沼線BRTのダイヤ改正を実施した。バス専用道を大幅に増やし、所要時間を短縮している。

前谷地(宮城県石巻市)~柳津~気仙沼間72.8kmを結ぶ気仙沼線は2011年3月11日、東日本大震災の影響で全線が運休。このうち前谷地~柳津間17.5kmは4月29日に運転を再開したが、残る柳津~気仙沼間は津波による路盤の流失など被害が大きく、現在も復旧のめどは立っていない。

こうしたことからJR東日本は、バス高速輸送システム(BRT)への転換を提案。路盤流失を免れた区間を中心に線路敷地をバス専用道に改築し、それ以外の区間では一般道を走行するバスを運行するものとした。

BRT化を目指すJR東日本と、鉄道による復旧を要望する沿線自治体との間で協議は難航したが、最終的には「鉄道復旧までの代替策」という位置付けでBRTを導入する方向で合意。2012年8月20日から「気仙沼線BRT」として運行を開始した。

当初は専用道が陸前階上~最知間2.1kmだけで、それ以外は一般道を走行していたが、12月22日の本格開業に合わせて歌津~陸前港間2.3kmが専用道に移行。今年4月25日には、本吉~小金沢間の本吉方2.0kmと大谷海岸~陸前階上間の陸前階上方1.1km、最知~松岩間の最知方1.8km、不動の沢~気仙沼間の不動の沢方2.3kmも専用道経由に切り替えられた。

今回のダイヤ改正では、陸前戸倉~志津川間の陸前戸倉方3.5kmと、志津川~清水浜間の清水浜方3.8km、陸前港~蔵内~陸前小泉間の蔵内方2.8kmで専用道の使用を開始した。この結果、専用道区間の総延長は21.7kmとなり、ダイヤ改正前のほぼ倍に。柳津~気仙沼間では全体の約4割が専用道の走行に切り替えられた。

専用道の走行区間が増えたことから、所要時間も短縮。ダイヤ改正前は柳津~気仙沼間でベイサイドアリーナ(南三陸町)通過便が113分、ベイサイドアリーナ経由便が119分だったが、改正後は通過便が7分短縮の106分、経由便が3分短縮の116分となった。

JR東日本は今後も線路敷地を改築した専用道を増やし、最終的には全体の約7割を専用道にする方針。3月2日からBRTを導入している大船渡線気仙沼~盛(岩手県大船渡市)間43.7kmでも、9月28日から専用道を現在の約4倍の13.7kmに拡大する。
《草町義和》
  • 線路敷地を活用した専用道が大幅に増えた気仙沼線BRT。所要時間も短縮され、柳津~気仙沼間は最速便で106分になった。
  • 柳津~気仙沼間を結ぶ気仙沼線BRTの路線図。当初は専用道が約2kmしかなかったが、その後も順次整備され、9月5日ダイヤ改正時点で専用道の距離は約22kmになった。
  • 今回のダイヤ改正で新たに使用を開始した陸前戸倉~志津川間(陸前戸倉方)の専用道。陸前戸倉駅の乗り場(手前)もかつての線路敷地内に移設された。
  • 今回のダイヤ改正に合わせて使用を開始した専用道はトンネルが多い。写真は志津川~清水浜間の城陽山トンネル。
  • 不通が続く気仙沼線の歌津駅ホーム。手前の道路は2012年12月から使用を開始した専用道で、駅の手前で側道と接続させ、一般道に乗り入れる。
  • 今回のダイヤ改正で新たに使用を開始した陸前港~蔵内~陸前小泉間(蔵内方)専用道の中間にある蔵内駅。バスの行き違いに対応した待避所の性格を併せ持っており、二つのホームの間にある専用道の幅も広くなっている。
  • 津波による損傷が激しい区間は専用道化が難しく、一般道を走るしかない。写真は陸前小泉~本吉間の一般道区間で見かけた気仙沼線の高架橋。
  • 気仙沼線BRTの開業に合わせて改修された本吉駅の駅舎。4月からは専用道と一般道の結節点となり、BRTのホームが駅舎の脇に整備された。
  • 本吉駅の線路敷地には震災前まで使用していた鉄道ホームが残る。ホームの先に伸びる道路は4月から供用を開始した専用道。
  • 2012年8月の気仙沼線BRT開業当初から専用道が整備されていた陸前階上駅。鉄道時代のホームや跨線橋も残っている。
  • 4月から使用を開始した不動の沢~気仙沼間(不動の沢方)の専用道を走って不動の沢駅(手前)に進入するバス。
  • 新しい交通システムとして注目を浴びるBRTだが、車両自体は一般的なバスと同じ。写真は気仙沼線BRTで運用されている日野ブルーリボンシティ・ハイブリッドのLNG-HU8JMGP。

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 東京メトロ、小竹向原駅の連絡線工事が完成…有副線の遅れ改善へ

    東京メトロ、小竹向原駅の連絡線工事が完成…有副線の遅れ改善へ

  2. 西武鉄道、安比奈線の車両基地整備計画を廃止…休止から半世紀の「廃線」

    西武鉄道、安比奈線の車両基地整備計画を廃止…休止から半世紀の「廃線」

  3. NTTドコモ、青函トンネル内の「廃駅」で携帯電話サービス開始

    NTTドコモ、青函トンネル内の「廃駅」で携帯電話サービス開始

  4. JR北海道、留萌線の一部「気温上昇」で運休へ…2月12日から

  5. サーベラスも知らない?西武の「不採算」路線…休止から半世紀の安比奈線

  6. 銚子電鉄、デハ1001の引退記念列車を運行…2月27・28日

  7. 北大阪急行電鉄、新型車「POLESTAR II」のデザイン変更…2月下旬に3次車デビュー

  8. 東海道線の“名阪特急”、大阪発着特急「しなの」のレクイエム

  9. 東京~札幌間、北海道新幹線開業で日帰り可能に…来年3月ダイヤ改正

  10. 西武鉄道「観光電車」、来年4月17日から運行…定員わずか52人

アクセスランキングをもっと見る