気仙沼線BRTダイヤ改正で所要時間短縮…専用道が倍増

鉄道 企業動向

線路敷地を活用した専用道が大幅に増えた気仙沼線BRT。所要時間も短縮され、柳津~気仙沼間は最速便で106分になった。
  • 線路敷地を活用した専用道が大幅に増えた気仙沼線BRT。所要時間も短縮され、柳津~気仙沼間は最速便で106分になった。
  • 柳津~気仙沼間を結ぶ気仙沼線BRTの路線図。当初は専用道が約2kmしかなかったが、その後も順次整備され、9月5日ダイヤ改正時点で専用道の距離は約22kmになった。
  • 今回のダイヤ改正で新たに使用を開始した陸前戸倉~志津川間(陸前戸倉方)の専用道。陸前戸倉駅の乗り場(手前)もかつての線路敷地内に移設された。
JR東日本は9月5日、柳津(宮城県登米市)~本吉(南三陸町)~気仙沼(気仙沼市)間55.3kmを結ぶ気仙沼線BRTのダイヤ改正を実施した。バス専用道を大幅に増やし、所要時間を短縮している。

前谷地(宮城県石巻市)~柳津~気仙沼間72.8kmを結ぶ気仙沼線は2011年3月11日、東日本大震災の影響で全線が運休。このうち前谷地~柳津間17.5kmは4月29日に運転を再開したが、残る柳津~気仙沼間は津波による路盤の流失など被害が大きく、現在も復旧のめどは立っていない。

こうしたことからJR東日本は、バス高速輸送システム(BRT)への転換を提案。路盤流失を免れた区間を中心に線路敷地をバス専用道に改築し、それ以外の区間では一般道を走行するバスを運行するものとした。

BRT化を目指すJR東日本と、鉄道による復旧を要望する沿線自治体との間で協議は難航したが、最終的には「鉄道復旧までの代替策」という位置付けでBRTを導入する方向で合意。2012年8月20日から「気仙沼線BRT」として運行を開始した。

当初は専用道が陸前階上~最知間2.1kmだけで、それ以外は一般道を走行していたが、12月22日の本格開業に合わせて歌津~陸前港間2.3kmが専用道に移行。今年4月25日には、本吉~小金沢間の本吉方2.0kmと大谷海岸~陸前階上間の陸前階上方1.1km、最知~松岩間の最知方1.8km、不動の沢~気仙沼間の不動の沢方2.3kmも専用道経由に切り替えられた。

今回のダイヤ改正では、陸前戸倉~志津川間の陸前戸倉方3.5kmと、志津川~清水浜間の清水浜方3.8km、陸前港~蔵内~陸前小泉間の蔵内方2.8kmで専用道の使用を開始した。この結果、専用道区間の総延長は21.7kmとなり、ダイヤ改正前のほぼ倍に。柳津~気仙沼間では全体の約4割が専用道の走行に切り替えられた。

専用道の走行区間が増えたことから、所要時間も短縮。ダイヤ改正前は柳津~気仙沼間でベイサイドアリーナ(南三陸町)通過便が113分、ベイサイドアリーナ経由便が119分だったが、改正後は通過便が7分短縮の106分、経由便が3分短縮の116分となった。

JR東日本は今後も線路敷地を改築した専用道を増やし、最終的には全体の約7割を専用道にする方針。3月2日からBRTを導入している大船渡線気仙沼~盛(岩手県大船渡市)間43.7kmでも、9月28日から専用道を現在の約4倍の13.7kmに拡大する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  5. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る