人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トヨタ プリウス 次期型、「著しい燃費向上」…小木曽常務役員

エコカー ハイブリッド

トヨタ自動車のハイブリッド車の草分けで、世界のハイブリッド車市場をリードする『プリウス』。その次期型に関して、トヨタの幹部が興味深い発言を行った。

これは8月28日、トヨタ自動車が米国ミシガン州で開催した「2013トヨタ・ハイブリッド・ワールドツアー」での出来事。講演に登壇したトヨタのハイブリッド車の開発責任者、小木曽聡常務役員が、次期プリウスについて言及している。

小木曽常務がまず触れたのが、次期プリウスの核となるモーターの性能について。同氏は、「次期プリウスのモーターは、現行よりも小型化したうえで、出力密度を引き上げる」と述べた。

トヨタによると、1997年の初代プリウスと比較して、現行プリウスのモーター出力密度は4倍。次期型では、これをさらに高めるという。

モーターに組み合わせるエンジンはどうか。トヨタによると、現行プリウスのガソリンエンジンの熱効率は、38.5%。小木曽常務は、「次期プリウスの新エンジンの熱効率は40%以上。これは世界最高レベル」と断言した。

もうひとつ、ハイブリッド車の性能を左右するのが、バッテリー(二次電池)。小木曽常務は、ニッケル水素やリチウムイオンなど、複数の新バッテリーの研究開発を進めていると明かしたうえで、「次期プリウスには先進のバッテリー技術を導入する」と語っている。

次期プリウスは2015年には、発売される見込み。「新開発のハイブリッドパワートレインは、さらにコンパクトなパッケージで、軽量化とコスト削減を実現。著しい燃費向上をもたらすだろう」(小木曽常務)としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

    BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

  2. 三菱リコール問題を一気読み

    三菱リコール問題を一気読み

  3. 【特集 クルマと震災 2012】トヨタ エスティマハイブリッド の有効性… アルファード や ヴェルファイア に1500Wコンセントがついていない理由

    【特集 クルマと震災 2012】トヨタ エスティマハイブリッド の有効性… アルファード や ヴェルファイア に1500Wコンセントがついていない理由

  4. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  5. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  6. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  7. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  8. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  9. 意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

  10. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

アクセスランキングをもっと見る