燃費男、マツダ アテンザ SKYACTV-Dで無給油1600km超を走破

エコカー 燃費

マツダ アテンザ SKYACTV-D 6MTでの1000マイル無給油チャレンジ
  • マツダ アテンザ SKYACTV-D 6MTでの1000マイル無給油チャレンジ
  • ノーマルの広報車から唯一交換したのがタイヤ。ヨコハマの『BluEarth-A』の同サイズに履き替えた。
  • マツダ アテンザ SKYACTV-D 6MTでの1000マイル無給油チャレンジ
トヨタ『プリウス』などでの燃費走行のギネス記録を獲得したことのある“燃費男”こと宮野滋と、レーシングカーデザイナー由良拓也は、マツダ『アテンザ』のクリーンディーゼル「SKYACTV-D」を搭載する6MTモデルで無給油1000マイル走行にチャレンジし、成功させた。

チャレンジは、6月12日・13日の2日間、東名高速道路の日本坂パーキングを基地にして、東名高速道路と第2東名高速道路をループ状に繋ぐ、1周223.8kmのコースを周回して行われた。

用意された車両は、フルノーマルのメーカー広報車両で空力パーツなどは一切付加せず。ただ、タイヤだけを純正装着されているブリヂストンのTURANZA 235/35R19に替えてヨコハマの『BluEarth-A』とした。タイヤサイズはノーマルと同一サイズだ。

アテンザの燃料タンクは62リットル。この燃料で1600kmを走破するには25.8km/リットル以上の燃費で走行する必要がある。チャレンジでは、ほとんど6速を使い、エンジン回転を1200~1500rpmという低い回転域に保ちつつ、周囲の交通を乱さぬよう配慮しながら60~80km/hの速度で走行した。宮野と由良が交代で、1周約3時間で走らせ、6月13日11時26分、由良拓也による8周目の途中、浜松浜北インター前で、1609.4km = 1000マイルを達成。

その後も走行を続け、13時15分に日本坂パーキングに到着した時には、1723.8kmに達し、ディスプレイは257km走行可能である事を表示していた。つまり、62リットルの軽油を使ってこのペースで走りつづければ、2000km近くまで走る事も可能だったということになる。

高速道路を降り、静岡市内のガソリンスタンドで満タンまで給油したところ、アテンザが飲み込んだ軽油は51.00リットル。スタンドへの移動も含め合計1735.5km走ったので、満タン法で計測すると、燃費は34.03km/リットルという数字になる。

各周回の平均燃費は、(1)31.3km/リットル、(2)36.0km/リットル、(3)32.2km/リットル、(4)36.4km/リットル、(5)34.2km/リットル、(6)36.9km/リットル、(7)34.6km/リットル、(8)37.2km/リットル。

奇数は九州在住の宮野、偶数は地元の由良の数値であり、アウェイの宮野はぶっつけ本番でアテンザの6MTを初めて運転するというハンディもあり、毎回数字を伸ばしたものの、地元の由良には及ばず。一方、道路状況も熟知していた由良拓也はハイレベルの数値をたたき出し続けた。

・実燃費ランキングを『e燃費/カーライフナビ』で調べる
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ プリウスα のリコール、米国でも実施…約11万台が対象に

    トヨタ プリウスα のリコール、米国でも実施…約11万台が対象に

  2. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  3. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

    【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  4. テスラCEO、つぶやきに株価が反応…新型EVの電池供給先巡り

  5. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  6. VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

  7. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  8. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  9. 愛知県の危険な交差点ワースト5

  10. トヨタのEVレーサー、544psにパワーアップ…目指すはパイクスピーク連覇

アクセスランキングをもっと見る