最小のMINI、ロケットマン…「市販は当面なし」

モータースポーツ/エンタメ 出版物

BMWグループのMINIが、現行MINIのハッチバックよりもひと回り小さいMINIを提案したコンセプトカー、『ロケットマン』。同車が当面は、市販されないことが分かった。

これは8月4日、自動車メディア『Auto Week』のオランダ版が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたBMWグループでMINIブランドを総括するカイ・セグラー副社長は、「MINIロケットマンがすぐに市販されることはないだろう。量産化の検討は長期に及ぶ」と明かしたというのだ。

『ロケットマンコンセプト』は2011年3月、ジュネーブモーターショー11で初公開。全長は3419mmと、MINIハッチバックよりも320mmも短い。1959年に誕生したクラシック『Mini』の全長3050mmを意識したサイズである。

さらにMINIは2012年6月、同車の最新オフィシャル写真を公開。2012年ロンドンオリンピックに協賛するMINIがロケットマンコンセプトにリニューアルを施し、その画像を公開したのだ。それだけに近い将来、市販化の可能性が高いと期待されていた。

それでは、MINIがロケットマンの市販に踏み切れない理由は何か。カイ・セグラー副社長は同メディアに対して、ボディサイズが小さいことによる衝突安全性能の確保の問題、競合車がひしめく激戦区でライバルに対抗する価格を実現するのが困難な点などを、挙げたという。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品