日産、小型スポーツカー開発か…86とBRZに対抗 | レスポンス(Response.jp)

日産、小型スポーツカー開発か…86とBRZに対抗

モータースポーツ/エンタメ 出版物

トヨタとスバル(富士重工)が共同開発した新型FRスポーツカー、トヨタ『86』とスバル『BRZ』。両車に対抗する日産自動車の新型スポーツカーの情報を、海外メディアが伝えている。

これは7月17日、米国の自動車メディア、『モータートレンド』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「日産の社内で、ミニZと呼ばれる小型スポーツカーの開発計画が承認された」と伝えたのだ。

ここで言う「ミニZ」とは、『フェアレディZ』をひと回りコンパクトにしたスポーツカーを意味する。果たして、その中身はどのようなものなのか。

日産自動車は2011年4月、上海モーターショー11に『コンパクトスポーツコンセプト』を出品。『マーチ』をベースにしたホットハッチの提案で、『ジューク』用の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力190psを引き出していた。同メディアによると、このコンパクトスポーツコンセプトの考え方を発展させ、価格を抑えた新型スポーツカーとして登場するのが、ミニZになるという。

ただし、同メディアはミニZについて、「ジュークの車台をベースにした駆動方式FFと4WDのスポーツカーになる」とレポート。トヨタ86とスバルBRZとは価格帯が重なるものの、やや方向性の異なるスポーツカーになるとのことだ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品