人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日産 スカイライン 次期型、2013年に登場か…V6ターボの可能性も

自動車 ニューモデル 新型車

長い伝統を誇る日産自動車のスポーツセダン、『スカイライン』。同車の次期モデルが、2013年にも登場する可能性が出てきた。

これは14日、米国の自動車メディア、『INSIDE LINE』が報じたもの。同メディアのインタビューに応じた日産自動車のアンディ・パーマー副社長は、「新しいインフィニティ『G』(日本名:日産スカイライン)は、米国に2013年の春、導入されるだろう」と話したというのだ。

次期モデルが13代目となる日産スカイライン。次期型は、どういう方向性のモデルになるのか。その答えを解く大きなカギとなるのが、5月9日に米国で着工した日産の新エンジン工場だ。

同工場では、ルノー・日産アライアンスとダイムラーとの提携効果を生かして、インフィニティ車とメルセデスベンツ『Cクラス』用のガソリンエンジンを生産することが決定済み。この4気筒エンジンが、次期スカイラインのベースグレードに採用される可能性があるという。

もちろん、「スカイラインといえば6気筒」というファンも多い。同メディアの取材に対して、日産のアンディ・パーマー副社長は、「V8並みのパワーとV6の経済性を両立するには、V6ターボが有効な選択肢」と語っており、次期スカイラインにはV6ターボが搭載される可能性もある。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  4. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  5. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  6. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  9. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

アクセスランキングをもっと見る