人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【EVバス運行開始】定期路線として全国初の運用開始

エコカー EV

東京都羽村市は10日、電気モーターで駆動する小型EVバスを定期路線向けとしては全国で初めて導入し、同日から市内を走るコミュニティバス路線での運行を開始した。実際の運行や車両保守は西東京バスが行っている。

同市のコミュニティバス「はむらん」は2005年から3路線での運行を開始。今回の小型EVバス(同市では“でんきバス”と呼称)導入にあたり、JR青梅線・羽村~小作(おざく)駅間にある市役所や市民会館、図書館などの施設を巡る7.4kmの新ルートを新たに開設した。

車両は日野自動車製の小型バス『ポンチョ』のロングタイプをベースとしたもので、エンジンの代わりに最大出力200kWのモーターを搭載している。正式な型式ではなく、改造申請したもの。羽村市内には同社の国内最大拠点となる羽村工場があり、その縁もあって今回の導入につながった。

通常のポンチョ・ロングの車両価格は約2000万円だが、EVタイプは約8000万円。今回の導入にあたっては国と東京都がそれぞれ4000万円の補助金を出していることもあり、羽村市としての負担はバス停の増設費用やランニングコスト(電気代)など、約160万円に留まる。

運行は10日から始まっており、充電設備を備えた羽村市役所を起点に午前3便、午後4便が走る。運賃は利用距離に関係なく、1回100円。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  2. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

    輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  3. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  4. セキスイハイム東四国、EV連携システム搭載スマートハウスの本格販売を開始

  5. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  6. 三菱の電気自動車シリーズ、価格を改定…トラックはEV最安の実質148万円

  7. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  8. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  9. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  10. テスラ モデルS の新機能、“スマホで自動駐車”を試してみた

アクセスランキングをもっと見る