人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ジュネーブモーターショー12】メガピクセル…タタから次世代コンパクトEVの提案

自動車 ニューモデル モーターショー

インドのタタモーターズは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、コンセプトカーの『メガピクセル』をワールドプレミアした。

メガピクセルは、日本円で約20万円の超低価格車、『ナノ』をインドで発売している同社が、次世代のグローバルコンパクトカーを提案したモデル。ボディサイズは全長3504×全幅1673×全高1405mmと小さいが、高効率なパッケージングの追求により、大人4名が快適に乗車できる室内空間を実現する。

パワートレインは、発電専用のエンジンを備えたレンジエクステンダー(航続距離延長)EV。各車輪にモーターを内蔵するインホイールモーターは、合計で51kgmという力強いトルクを引き出し、4輪を駆動する。モーター単独で走行できるのは、最大87km。

二次電池は、蓄電容量13kWhのリチウムイオンバッテリー。最高速110km/hの性能を発揮する。急速チャージャーを使えば、80%の容量を約30分で充電できる。

バッテリー残量が少なくなると、発電専用の排気量325ccの単気筒エンジンが始動。バッテリーを充電するとともに、ジェネレーターを回して発電し、モーターに電力を供給する。タタモーターズによると、最大航続可能距離は、900km以上だという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る