【ジュネーブモーターショー12】メガピクセル…タタから次世代コンパクトEVの提案

自動車 ニューモデル モーターショー

インドのタタモーターズは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、コンセプトカーの『メガピクセル』をワールドプレミアした。

メガピクセルは、日本円で約20万円の超低価格車、『ナノ』をインドで発売している同社が、次世代のグローバルコンパクトカーを提案したモデル。ボディサイズは全長3504×全幅1673×全高1405mmと小さいが、高効率なパッケージングの追求により、大人4名が快適に乗車できる室内空間を実現する。

パワートレインは、発電専用のエンジンを備えたレンジエクステンダー(航続距離延長)EV。各車輪にモーターを内蔵するインホイールモーターは、合計で51kgmという力強いトルクを引き出し、4輪を駆動する。モーター単独で走行できるのは、最大87km。

二次電池は、蓄電容量13kWhのリチウムイオンバッテリー。最高速110km/hの性能を発揮する。急速チャージャーを使えば、80%の容量を約30分で充電できる。

バッテリー残量が少なくなると、発電専用の排気量325ccの単気筒エンジンが始動。バッテリーを充電するとともに、ジェネレーターを回して発電し、モーターに電力を供給する。タタモーターズによると、最大航続可能距離は、900km以上だという。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品