人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ダットサン フェアレディ が改造EVに…JFEエンジニアリング

エコカー EV

JFEエンジニアリングは自社で開発した超急速充電器に対応するEVとして、1960年式のダットサン『フェアレディ』の改造EVを用意した。

ベースとなったのは左ハンドルモデル。定格40kW・最大100kWのモーターを搭載。電池は急速充電に優れた特性を持つ東芝製リチウムイオン電池SCiBを採用。電池容量は11kWhで、座席の後とトランク内に設置。車両重量1130kgで、前軸荷重600kg・後軸荷重500kg程度というから前後重量バランスは悪くない。

充電口は、リアのナンバーの下。超急速充電だけでなくCHAdeMO方式の充電口も用意。また、アウトプット用のコンセントも装備しているので、停電時などの緊急時の電源として利用することもできる。

クラシカルなルックスではあるが、クーラーにヒーターも完備。足回りはエアサス。内容的には、かなりモダンに仕上がっている。

JFEエンジニアリングでは、この車両を使って、展示会やイベントなど、あちこちでプロモーションを実施する予定だという。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱自、燃費確認試験で RVR など8車種が諸元値に達せず…スズキは全車クリア

    三菱自、燃費確認試験で RVR など8車種が諸元値に達せず…スズキは全車クリア

  2. マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

    マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  5. 【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】いかにして自動車を未来に存続させるか?

  6. 三菱リコール問題を一気読み

  7. エコ運転教習のファインモータースクール、エコドライブ全国大会で3年連続表彰台

  8. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  9. テスラの新型コンパクトSUV、車名は「モデルY」に

  10. CHAdeMO総会開催…コンボ 対 チャデモ 充電規格論争に終焉か、充電器普及の未来

アクセスランキングをもっと見る