東原亜希さん、i-MiEV の電力でアウトドア料理に挑戦

エコカー EV

三菱自動車は2日、電気自動車(EV)『i-MiEV』と外部給電装置を使ったデモンストレーションをおこなった。東京・豊洲のカフェでおこなわれた同イベントには、タレントの東原亜紀さんが登場。i-MiEVの電力を使った火を使わないアウトドア料理に挑戦した。

給電装置は、i-MiEVの充電口から車載バッテリーに蓄えられた電力を取り出すことができるようにしたもので、1500Wの電力が使用可能。年度内の市販をめざし現在開発が進められている。CO2を排出しないクリーンな移動型蓄電池、または災害時などの非常用電源として、新たなEVの活用法を提案する。

今回のイベントでは、アウトドア料理に注目。キャンプなどでも火をおこさず、自宅と同様にIHコンロや電子レンジを活用できるため、料理の幅も広がるとアピール。アドバイザーとしてイベントに参加した料理研究家の五十嵐豪さんは、「今まで、火をおこすために使っていた時間を、家族との団らんや料理を楽しむ時間に有効活用できる」とコメント。

東原さんは、「じっくり火を入れた秋鮭のハーブソテー」「ムール貝ときのこの白ワイン炊き込みごはん」「電子レンジで作るチーズフォンデュ」の3品を、i-MiEVの電力を使い調理。2人の子を持つママタレントとして、その料理の腕前を披露した。

自身で運転しない日はない、と語る東原さんは電気自動車について、「環境に良いことは大事。子どもの笑顔を見ていると、彼らの未来のために良い環境を残していかないと、と思います。経済的にも魅力ですね」とコメントした。また、キャンプでEVの電源を活用することについては、「火をおこせない草食男子でも、恥をかかずに料理ができますね」と、女性ならではの厳しいコメントも飛び出した。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

    【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  4. 三菱リコール問題を一気読み

  5. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  7. ヒュンダイの「プリウス ハンター」、アイオニック 全貌公開…目標はHV世界最高燃費

  8. プリウスPHV 超える燃費! BMW 3シリーズ 次期型は「50km/リットル」

  9. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  10. ルノー、超小型EVを発売…6990ユーロから

アクセスランキングをもっと見る