被災地でバリアフリータクシー実証運行へ 国交省

自動車 社会 行政

日産NV200バネットタクシー
  • 日産NV200バネットタクシー
  • 事業スキームの概要
  • 事業スキームの概要
国土交通省は今年度、東日本大震災の被災地で、新たなバリアフリー車両の活用・実証事業を実施する。

トヨタ自動車と日産自動車がバリアフリー対応のタクシー車両を無償提供し、被災地の2市町村で10事業者が参画して行う。

車両は、トヨタが車いす乗降リフトなどを装備するバリアフリー対応の乗合タクシー2台を2市町村に提供し、日産が車いす乗降口とスロープが付いたユニバーサルデザイン(UD)タクシー10台をタクシー会社10事業者に提供する。

車両提供先は、公募手続きを行った後、国交相が主催する検討会で選定し、決める。新しいバリアフリー車両を運行し、その意義や効果を確認する。とくに、被災地での移動手段の確保に貢献しつつ、新車両の今後の普及に活かす。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  2. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

    トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  3. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

    宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  4. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  5. ダンプ衝突で信号柱倒壊、車2台に直撃

  6. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  7. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  8. 非番の警官が運転するクルマが出会い頭衝突、信号無視か

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. ユーザーに届く警告ハガキと“おじさん”ポスターの意味...不正改造車排除強化月間

アクセスランキングをもっと見る