日産渡部執行役員、EV・住宅の電力供給装置は「競争力ある価格に」

エコカー EV

日産自動車の渡部英朗執行役員は、2日発表した電気自動車(EV)『リーフ』と一般住宅との間で電力をやり取りするシステムについて「家庭用の蓄電ユニットに対し、競争力ある価格となるよう開発を進めたい」と述べた。

このシステムは、リーフと一般住宅の分電盤を「電力制御装置」(PCS)で結び、双方向での電力供給を可能とするもの。リーフから住宅へは6kwの高出力で給電できる。

日産は今後、住宅や電機メーカーと連携を図りながら、PCSの改良などを進め、2011年度中に市販化を目指していく。住宅向けの蓄電ユニット(2次バッテリー)は、容量が2kwhクラスの小容量で100万円前後の価格となっている。

渡部執行役員は「リーフのバッテリー容量は24kWhと極めて大きく、PCSとの組み合わせで大容量の給電が可能となる。PCSはできるだけ求めやすい価格としたい」と語った。実際には数十万円程度となる見込み。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  2. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

    【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  5. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  6. 【リコール】マツダ タイタン のかじ取り装置に不具合

  7. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  8. 東芝、ワイヤレス充電採用の中型EVバスで高速道路の実証走行を開始

  9. 【EVEX & CSF 10】豊通エレのEVは社員一人の作品

  10. テスラの新型EV、モデル3 …最終設計は未完了

アクセスランキングをもっと見る