人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

未来のNYタクシーデザイン、日産 NV200に栄冠

自動車 ビジネス 海外マーケット

「イエローキャブ」として親しまれている米国ニューヨークのタクシー。近い将来のイエローキャブのデザインを決定するコンペティションの最終結果が3日公表され、日産『NV200』が栄冠に輝いた。

このプロジェクトは、「タクシー・オブ・トゥモロー」と呼ばれ、2007年にニューヨーク市が旗振り役となってスタート。2009年末、自動車メーカー各社に呼びかけて未来のタクシーデザインを募集し、2010年11月に最終選考3台が公表されていた。

その3台とは、フォードモーターの『トランジットコネクト』、日産自動車の『NV200』、そしてトルコの自動車メーカー、カルサン社の『V1』。この中から、ニューヨーク市民の一般投票によって栄冠を勝ち取ったのが、日産NV200だ。

これで日産は、ニューヨーク市の公式タクシーサプライヤーに指名。早ければ2013年内に、NV200をベースにした新型イエローキャブの独占納入を開始する予定だ。年間2650台を最低10年間、納入することになる。

ニューヨーク市のブルームバーグ市長は、「日産NV200は、イエローキャブの歴史において、最も安全性が高く、快適で利便性に優れるモデル」と高く評価。日産アメリカズのカルロス・タバレス会長は、「次世代イエローキャブに指名されて、大変光栄。全日産車が、高い品質とアーバンモビリティに対応できる能力を備えていることの証だ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

    三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  3. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

    作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  4. スタッドレスタイヤ購入先、オートバックスが2年連続トップ

  5. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  6. デンソーの人工知能プロジェクト…ADAS研究における立ち位置

  7. オークネット、8年ぶりの上場…東京証券取引所が承認

  8. 【Amanekチャンネル】1kmメッシュ気象警戒予測情報の提供開始…日本初

  9. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  10. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

アクセスランキングをもっと見る