米国の自動車メディア『モータートレンド』は10日、レクサス『LFA』と日産『GT-R』の0-400m加速対決の映像を、動画共有サイトで公開した。

LFAは、2009年10月の東京モーターショーで初公開。専用設計の4.8リットルV型10気筒エンジンは、最大出力560ps/8700rpm、最大トルク48.9kgm/6800rpmを発生する。フロントミッドシップ&トランスアクスルレイアウトにより、前後重量配分48対52を実現。ドライサンプオイル潤滑システムによって、低重心化も図られた。

トランスミッションは、パドルシフト付きの6速2ペダルMT「ASG」。ボディにはCFRP(カーボン・ファイバー・レインフォースド・プラスチック)やアルミなどの軽量素材が使用され、車両重量は1480kgに抑えられた。0-100km/h加速は3.7秒、最高速は325km/hと、動力性能は世界トップレベル。米国での価格は37万5000ドル(約3470万円)だ。

一方、日産GT-Rは、2007年10月の東京モーターショーでデビュー。3.8リットルV型6気筒ツインターボ(485ps/6400rpm、60kgm/3200‐5200rpm)に、独立型トランスアクスル4WDと6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、0-100km/h加速3.5秒、最高速310km/hという驚異的な性能をマークする。

GT-Rは2009年4月、ドイツ・ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、7分26秒70という自己ベストタイムを更新。米国での価格は、8万4060ドル(約780万円)からだ。

『モータートレンド』は、ハイテク日本製スーパーカー2台の0-400m加速対決を実施。過去の同誌の対決ではベントレーの最強モデル、『コンチネンタルSS』を破っている日産GT-R。トヨタと日産が火花を散らす対決映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》