人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

[動画]レクサス LFA 対 日産 GT‐R…ゼロヨン加速対決

自動車 ニューモデル 新型車

米国の自動車メディア『モータートレンド』は10日、レクサス『LFA』と日産『GT-R』の0-400m加速対決の映像を、動画共有サイトで公開した。

LFAは、2009年10月の東京モーターショーで初公開。専用設計の4.8リットルV型10気筒エンジンは、最大出力560ps/8700rpm、最大トルク48.9kgm/6800rpmを発生する。フロントミッドシップ&トランスアクスルレイアウトにより、前後重量配分48対52を実現。ドライサンプオイル潤滑システムによって、低重心化も図られた。

トランスミッションは、パドルシフト付きの6速2ペダルMT「ASG」。ボディにはCFRP(カーボン・ファイバー・レインフォースド・プラスチック)やアルミなどの軽量素材が使用され、車両重量は1480kgに抑えられた。0-100km/h加速は3.7秒、最高速は325km/hと、動力性能は世界トップレベル。米国での価格は37万5000ドル(約3470万円)だ。

一方、日産GT-Rは、2007年10月の東京モーターショーでデビュー。3.8リットルV型6気筒ツインターボ(485ps/6400rpm、60kgm/3200‐5200rpm)に、独立型トランスアクスル4WDと6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、0-100km/h加速3.5秒、最高速310km/hという驚異的な性能をマークする。

GT-Rは2009年4月、ドイツ・ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、7分26秒70という自己ベストタイムを更新。米国での価格は、8万4060ドル(約780万円)からだ。

『モータートレンド』は、ハイテク日本製スーパーカー2台の0-400m加速対決を実施。過去の同誌の対決ではベントレーの最強モデル、『コンチネンタルSS』を破っている日産GT-R。トヨタと日産が火花を散らす対決映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. 【日産 セレナ 新型】横浜ゴム、BluEarth E52を新車装着

アクセスランキングをもっと見る