MINIブランド第4のモデル『クロスオーバー』が2011年春に日本に導入されることが決定した。欧米では『カントリーマン』として9月より販売を開始する。公開されている欧州仕様の公式写真30枚を一挙に紹介する。

カントリーマンはMINI初のSUVであると同時に、初の5ドアモデル。MINIらしいデザインながらもヘッドライト形状やブラックアウトされた大型グリル、高められた車高などがワイルドなSUVテイストを演出する。

全長はハッチバック比で397mm延長し4097mm、ホイールベースは同じく130mm延長し2595mmと、居住空間を大幅に拡大した。荷室は350リットル、後席を倒せば1170リットルまで拡大することが可能。

インテリアの特徴は、前席から後席にかけて伸びる「MINIセンターレール」。好きな位置に固定できるエレメントを装備し、小物入れやカップホルダー、外部オーディオ、携帯電話など様々なアイテムを自由にレイアウトできる。アイデンティティである円形のセンターメーターももちろん健在。今回新たに「MINIビジュアルブースト」と呼ばれるディスプレイを搭載し、ウェブラジオやiPhoneにも対応、MINIのエンターテイメント性をさらに追求する。
《編集部》