【COTY09-10 選考コメント】インサイトの追い上げが印象的…前澤義雄

自動車 ビジネス 企業動向

アタシはトヨタ『プリウス』に10点、ホンダ『インサイト』に7点、メルセデスベンツ『Eクラス』に5点、アルファロメオ『ミト』に2点、VW『ゴルフ』に1点だった。

結果は予想通りにプリウスとインサイトの攻防となったが、予想以上にインサイトの追い上げが印象的だった。

何時ものコトながら商品の優位性のみならず情や政治といった要素に影響されるようだが、今回はとりわけその傾向が強かったように感じた。

その一因はプリウスの驚きの価格設定にあったのであろうが、イヤーカーとするにはまず商品の優位性が評価されることが重要であり、結果としてナットクできた次第である。また、特別賞やディケードについても巧く収まったように思えた。

前澤義雄|自動車評論家
1939年東京生まれ、1965年東京芸術大学美術学部卒業。同年、日産自動車入社(元プリンス自動車工業)。1980年日産ディーゼル工業出向、デザイン組織創設。1984年日産自動車帰任。以降『マキシマ』(J30)、『300ZX』(Z32)、『プリメーラ』、『パルサー』(N14)、北米『マキシマ』(J31)などをデザインプロデュースする。1992年、日産自動車を退社、翌年に自動車評論家として独立、法政大学工学部講師。1994年「新車開発の9000時間」(三栄書房)上梓。
《前澤義雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェミュージアム、累計来場者300万人…7年で達成

    ポルシェミュージアム、累計来場者300万人…7年で達成

  2. ショーワ、四輪事業低迷などで大幅減益…2016年3月期決算

    ショーワ、四輪事業低迷などで大幅減益…2016年3月期決算

  3. 日立グループ、無線通信で車載ECUソフトウェア更新可能なソリューションを開発

    日立グループ、無線通信で車載ECUソフトウェア更新可能なソリューションを開発

  4. 理論のヒントは「イニD」? マツダ G-VECTORING CONTROL 、“違和感ない制御”の秘密

  5. 豊田合成、売上高は過去最高も為替差損の影響で経常減益…2016年3月期決算

  6. FCC、四輪車用クラッチ好調ながら為替差損で税引前利益が減益…2016年3月期決算

  7. 【鈴木亜久里インタビュー】カストロールはエルメスやアルマーニと同じ、信頼されるものが残る…後編

  8. マツダ「G-VECTORING CONTROL」、派手ではないがこだわりつまった新技術

  9. 三菱自と日産の軽自動車、販売再開は早くて7月に

  10. 三菱の燃費不正、米国法人が声明…「米国仕様に影響なし」

アクセスランキングをもっと見る