トヨタ自動車は、元町工場の自動車ボディ塗装ラインの上塗り工程に、環境への負荷の少ない水性塗料を導入したと発表した。

これにより、1999年8月に高岡工場から開始したボディ塗装上塗り工程への水性塗料導入を、トヨタの国内9ライン全てについて完了した。

この結果、ボディ塗装ラインから排出される揮発性有機化合物の塗装面積当たり重量は、全ボディ塗装ライン平均値で、2000年度の55g/mから45%削減し、30g/mを実現した。トヨタは第3次「トヨタ環境取組プラン(2001−2005年度)」で2005年度に「全ボディ塗装ライン平均VOC排出量35g/m以下」目標としており、これを達成した。

トヨタでは、大気汚染や健康への影響が懸念されている浮遊粒子状物質や光化学オキシダントの生成原因物質の一つである揮発性有機化合物の削減活動に積極的に取り組んできており、自動車生産工程における主要な揮発性有機化合物排出源の塗装工程では、有機溶剤系塗料から水性塗料への原材料変更を推進している。

第4次「トヨタ環境取組プラン(2006−2010年度)」で、「全ボディ塗装ライン平均揮発性有機化合物排出量25g/m以下」を掲げており、現在、ボディ塗装中塗り工程およびバンパー塗装ラインへのへの水性塗料の導入も展開中だ。
《編集部》