トヨタの国内ラインで、上塗り工程に水性塗装の導入を完了

エコカー 燃費

トヨタ自動車は、元町工場の自動車ボディ塗装ラインの上塗り工程に、環境への負荷の少ない水性塗料を導入したと発表した。

これにより、1999年8月に高岡工場から開始したボディ塗装上塗り工程への水性塗料導入を、トヨタの国内9ライン全てについて完了した。

この結果、ボディ塗装ラインから排出される揮発性有機化合物の塗装面積当たり重量は、全ボディ塗装ライン平均値で、2000年度の55g/mから45%削減し、30g/mを実現した。トヨタは第3次「トヨタ環境取組プラン(2001−2005年度)」で2005年度に「全ボディ塗装ライン平均VOC排出量35g/m以下」目標としており、これを達成した。

トヨタでは、大気汚染や健康への影響が懸念されている浮遊粒子状物質や光化学オキシダントの生成原因物質の一つである揮発性有機化合物の削減活動に積極的に取り組んできており、自動車生産工程における主要な揮発性有機化合物排出源の塗装工程では、有機溶剤系塗料から水性塗料への原材料変更を推進している。

第4次「トヨタ環境取組プラン(2006−2010年度)」で、「全ボディ塗装ライン平均揮発性有機化合物排出量25g/m以下」を掲げており、現在、ボディ塗装中塗り工程およびバンパー塗装ラインへのへの水性塗料の導入も展開中だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  2. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

    【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  3. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  4. 【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

  5. テスラ新型EV モデル3、初公開イベントをライブ配信

  6. 三菱リコール問題を一気読み

  7. テスラCEO、つぶやきに株価が反応…新型EVの電池供給先巡り

  8. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  9. テスラ モデルX、約2700台をリコール…3列目シートに不具合

  10. 【日産 エクストレイル ハイブリッド 発表】日立製リチウムイオン電池パックを採用

アクセスランキングをもっと見る