ホンダが第4世代の燃料電池車『FCX-V4』発表、距離がグーンと | レスポンス(Response.jp)

ホンダが第4世代の燃料電池車『FCX-V4』発表、距離がグーンと

エコカー 燃費

ホンダは、最高速度や走行性能を向上させた新燃料電池自動車『FCX-V4』を発表した。FCX-V4は、燃料電池システムの各部位を新設計してコンパクト化を実現した。

新設計の350気圧対応の高圧水素タンクの採用で、航続距離を180kmから300kmに大幅に向上したほか、タンクを床下に配置して荷室スペースも確保した。最高速も従来の130km/hから140km/hに上げたほか、加速性能も向上させた。

一方で衝突安全対策としてフロントとリヤにクラッシャブルゾーンを設けて安全性を向上した。ラジエターを大型化して冷却性能の向上を図った。インテリアではデジタルメーターを新たに設計し、燃料電池とウルトラキャパシタを使ったエネルギーマネジメントを一目で把握できるデザインにした。

ホンダは燃料電池車を2003年に実用化を目指しており、今回のFCX-V4も市販車の性能に近付けたものとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品