【リコール】日産もエンジン不具合などで8万台規模を実施 | レスポンス(Response.jp)

【リコール】日産もエンジン不具合などで8万台規模を実施

自動車 社会 行政

【リコール】日産もエンジン不具合などで8万台規模を実施
  • 【リコール】日産もエンジン不具合などで8万台規模を実施
  • 【リコール】日産もエンジン不具合などで8万台規模を実施
日産自動車は30日、ミニバン『エルグランド』など11車種、8万1258台に不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。

エルグランドと、OEM供給を行っているいすゞ『ファーゴフィリー』の3車種は、1998年7月13日から1999年3月26日に生産された3万9456台が対象。駐車ブレーキケーブルに不具合があり、最悪の場合、インナーワイヤーが折れて駐車ブレーキが作動しなくなる。これまで8件の不具合が見つかっている。

また同社の『AD』と『エキスパート』、『プレサージュ』、『バサラ』、『セレナ』、『サニー』及び、マツダ『ファミリア』、スバル『レオーネ』の8車種は、1997年12月17日から2001年5月30日に生産されたディーゼルエンジン車、4万1802台が対象。カム駆動用チェーンの張りを調整するテンションガイドの強度が不足しているため、最悪の場合、ガイドがディーゼルエンジンの振動で折れてエンジンがとまり、再始動できなくなるおそれがある。これまで15件の不具合が見つかっている。
《編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品