ホンダは自動車のクリーンエネルギー技術を家庭用機器に応用します | レスポンス(Response.jp)

ホンダは自動車のクリーンエネルギー技術を家庭用機器に応用します

エコカー 燃費

ホンダは、一般家庭用の小型ジェネレーションユニットを開発し、2002年度中の商品化を目指し、一般住宅での実用テストを大阪ガスなど、都市ガス各社と10月から開始すると発表した。

実験に使用されるのは天然ガスを燃料とする『GF160V』というジェネレーションユニットで、1kwの発電と3kwの熱出力を実現している。高品位の電力発電と給湯や暖房を効率良く行うユニットで、発電と給湯をあわせた総合熱効率は85%を達成した。燃料を天然ガスを使用しているので、CO2も20%低減できる。

ホンダでは、クリーンガソリンエンジンの開発、天然ガス車や燃料電池車の開発に取り組んでいるが、家庭用機器にもこれらの技術を応用しており、今回の開発に達した。実用テストで技術的な検証を行い、2002年度中に大手都市ガス各社に販売する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品