フォード『P2000ハイドロジェンICE』---もうひとつの水素燃料自動車 | レスポンス(Response.jp)

フォード『P2000ハイドロジェンICE』---もうひとつの水素燃料自動車

エコカー 燃費

フォードでは水素の内燃エンジンを搭載した新しい車を発表。従来のガソリンエンジン車と燃料電池との橋渡し的な存在になる、と期待されている。

この車はP2000ハイドロジェン内燃エンジン(H2ICE)を搭載したコンセプトカー。燃費が低く、ガソリン車と変わらないオペレーション能力がある。フォードではこの車の登場により、水素供給のインフラにスピードが出れば将来の燃料電池に向けての社会整備や大衆の理解が進められる、としている。

P2000にはゼテック2.0リットルガソリンエンジンの改造型(『フォーカス』に使用されているもの)が使われている。ガソリンバージョンにくらべると燃費は25〜30%向上。タンクに圧縮水素87リットルを搭載し、航続は67マイル(約107km)。しかしタンクを改良することにより、継続走行は150マイル(約240km)まで伸びるという。

燃料電池がまだ未来の技術である以上、低燃費の水素エンジンは現在もっとも展望が開けやすい技術と言える。ICEの市販バージョンが生まれれば、燃料電池への道は一気に開けることになる?
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品