ホンダの水素ステーションはこんなところ | レスポンス(Response.jp)

ホンダの水素ステーションはこんなところ

エコカー 燃費

ホンダがアメリカのカリフォルニアで実験稼働を開始する水素ステーションは、水電解装置に独自の純水循環方式を採用し、電解システムに要する水使用量を極めて少なくした。またシステムの小型化にも成功した。

ホンダによると同水素ステーションは水素生産能力が年間7600リットル。水素の製造に必要な電力は太陽電池のほか商用電力の併用も可能で、安定した水素製造能力が確保されている。併用時は年間3万6500リットル生産できるそうだ。

燃料電池車の燃料となる水素は通常、化石燃料などから製造されており製造過程において地球温暖化の原因である二酸化炭素が発生する。ホンダは“化石燃料を使わない”という燃料電池車の開発コンセプトに従って水素製造過程からも二酸化炭素を発生させないよう水の電気分解により水素を製造することを目指した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品