燃料電池車のジャパン・スタンダード確立に向けて第一歩 | レスポンス(Response.jp)

燃料電池車のジャパン・スタンダード確立に向けて第一歩

エコカー 燃費

燃料電池車のジャパン・スタンダード確立に向けて第一歩
  • 燃料電池車のジャパン・スタンダード確立に向けて第一歩
日本電動車両協会(奥田碩理事長)は、協会内に「燃料電池センター」を新設したと発表した。燃料電池車の事業を一元化し、実用化促進に対応できる体制を整えるのが目的。

同協会は、電気自動車の普及活動を推進してきたが、燃料電池車も国内外の技術動向調査や国際標準化などの審議団体として活動を行ってきた。今後は実証走行事業が推進できるように燃料電池車の事業を一元化し、実用化促進に対応できる体制にする。これによって、日本で世界に先駆けて燃料電池車を早期に実用化していく上でのセンターオブエクセレンスとして中核的な役割を担っていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品