【『エスティマ・ハイブリッド』登場!】プロペラシャフトのない4WDとは? | レスポンス(Response.jp)

【『エスティマ・ハイブリッド』登場!】プロペラシャフトのない4WDとは?

自動車 ニューモデル 新型車

低燃費を追求すれば、4WDよりもFFのほうが有利なのは間違いない。エスティマ・ハイブリッドではあえて4WDを採用しているが、なぜか。

第4開発センター 第3パワートレイン開発部開発部長の梅山光弘氏は「ミニバンなので4WDの需要が高いだろう、ということで採用しましたが、デメリットはほとんどないと考えています」と語る。

「 リアを駆動するユニットの重量は45kgくらいですが、この重量増で発生するエネルギー消費分はリアのエネルギー回生でほぼカバーできていると考えています」

また、通常の4WDではプロペラシャフトでリアに駆動を配分しているが、エスティマ・ハイブリッドはリアにあるモーターのみで駆動しているため、プロペラシャフトのある4WDよりも軽く作ることができたとのことだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品