燃料電池EVに強い味方---水素タンクに新技術 | レスポンス(Response.jp)

燃料電池EVに強い味方---水素タンクに新技術

エコカー 燃費

ゼネラルモーターズ(GM)は、米国の水素貯蔵技術のトップ企業であるクアンタム・テクノロジー社と戦略的提携を締結したと発表した。今回の提携では、燃料電池の最大の課題の1つである水素の貯蔵、応用、電子制御技術の開発で、GMの燃料電池車の航続距離の伸長に活用する方針だ。

燃料電池車は圧縮水素高圧状態で効率的に貯蔵するのが大きな課題。クアンタム社は、圧力1平方インチ当たり5000ポンドのタンクの重量に対して、11.3%の水素に相当する質量性能を実現している。さらに、効率的な水素貯蔵を開発して燃料電池の航続距離を伸ばす方針。

炭素繊維製の容器の内側をポリマー製ライナーで、外側をファイバー/レジン・シェルで覆った3層の「トリシールド」容器は、従来の技術によるタンクのおよそ2倍の水素を充填できる。ちなみにホンダ『シビックGX』の圧縮天然ガスボンベ圧力は200kg/平方センチメートルである。

GMでは、現在のガソリン車と同じか、それ以上の航続距離を達成する可能性を持つ燃料電池車を導入するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品