新型『シーマ』好調で、工場が10年ぶりの体制へ | レスポンス(Response.jp)

新型『シーマ』好調で、工場が10年ぶりの体制へ

自動車 ビジネス 企業動向

日産は新型『シーマ』の売れ行きが好調なことから、生産を手掛けている同社の栃木工場のラインを昼夜の2直体制にしたことを明らかにした。

シーマは発売以来、受注が相次いでおり、生産が追いつかなくなってきた。生産している栃木工場を2直体制にして、生産能力を向上させることで対応する。同工場が2直体制となるのは、バブル崩壊直後の1991年以来、10年ぶりだという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品