【株価】ニュービジネスに乗り出す、日産とトヨタが人気化 | レスポンス(Response.jp)

【株価】ニュービジネスに乗り出す、日産とトヨタが人気化

自動車 ビジネス 株価

全体相場は6営業日ぶりに反発したが、自動車株は高安まちまち。新規事業を計画する日産、トヨタの両社が人気化した。日産自動車が前週末比5円高の748円と3日ぶりに反発。4月から自社のクレジットカードを発行し、顧客の取り込みと収益の拡大を図る見通し。業績の改善に一段と拍車がかかってくるとの期待から、新規の買いが入っていた。

トヨタ自動車は、前週末比50円高の3980円と5日ぶりに反発。再び4000円大台に接近してきた。バイオ・緑化事業部門を、2003年にも分社化する方針。精力的な多角化戦略を進めており、グループ全体の高収益体質に一段と磨きがかかってきそうだ。

その一方で、三菱自動車工業は、前週末比4円安の330円と5日続落となった。今期の連結最終損益の赤字幅が、従来見通しの1400億円から2500億円に膨らむと報道されたことが嫌気された。ホンダ、いすゞ自動車、富士重工業も続落した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品