ホンダ『シビックGX』がアメリカで価値ある認定 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ『シビックGX』がアメリカで価値ある認定

エコカー 燃費

本田技研工業は27日、天然ガス自動車『シビックGX』が、米国カリフォルニア州の低公害車認定「アドバンスド・テクノロジーPZEV(パーシャル・ゼロ・エミッションビークル)」をアメリカで初めて取得したと発表した。

カリフォルニア州では、州内で一定の販売規模を持つ自動車メーカーを対象に、排ガスが全く出ない「ZEV(ゼロエミッションビークル)」を、2003年から一定の割合で販売するよう義務付けている。天然ガス自動車は排ガスが出るものの、その量は既存のガソリン車などと比べ大幅に少ないことから、ZEV販売義務台数に対して0.4台分として換算されることになっている。

PZEVの認定取得は、これより先に、ガソリン車を大幅に低公害化した日産自動車の『セントラ(日本名『サニー』)』が取得したが、ガソリン車は換算係数が0.2台で天然ガス車などの半分にカウントされることになっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品