【株価】業績改善見込みで日野が急伸 | レスポンス(Response.jp)

【株価】業績改善見込みで日野が急伸

自動車 ビジネス 株価

全体相場は反落したが、自動車株は総じてしっかり。日野自動車工業が、前週末比24円高の564円と急伸。外資系の日興ソロモンが、来3月期の連結営業利益を今期比4.2倍と予測しており、市場が企業業績に敏感になっているだけに、業績改善見通しが素直に好感された格好だ。

日産自動車は、一時昨年11月以来の750円台を回復。終値は前週末日1円高にとどまったが、4日続伸。出来高も市場第6位と、引き続き高水準の商いが続いている。トヨタ自動車も、前週末比50円高の4090円と3日続伸。一時、ほぼ3ヶ月半ぶりに4100円台を回復した。

三菱自動車は、前週末比12円高の361円と反発した。この日、経営再建3カ年計画「ターンアラウンド計画」を発表。グループ全体で9500人の人員削減、工場閉鎖、資材費のカットなどを盛り込んだが、消費者の信頼回復は困難とする声が少なくない。マツダは、前週末比2円安の327円とさえない動き。19日から募集していた早期退職優遇プランには、募集人数を400人強上回る2213人が応募し、特別退職金340億円を今期末に特別損失として計上する。ただし、業績予想は変更しない方針。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品