早い者勝ちのDPF、二重基準はだれの損!? | レスポンス(Response.jp)

早い者勝ちのDPF、二重基準はだれの損!?

エコカー 燃費

東京都は、2003年10月から一定のディーゼル車への装着を義務付けるDPFについて、認定するための技術基準を導入する方針を固めた。基準を検討する委員会を設置して、4月にもこれを公表して、DPFメーカーや運送事業者に都のディーゼル規制に備えてもらう。

DPFはまだ開発途上で実用化されていない。都では、古いディーゼル車へのDPF装着を義務付けるディーゼル規制を2003年から実施する。装着されるDPFは都の基準を満たしたものになるが、このための技術基準を公表する。耐久性や性能、メンテナンスの基準を設ける予定だ。

こうした基準は従来は国が策定していたが、ディーゼル規制で国の自動車NOx法改正に事実上先行した東京都は、DPFの技術基準の面でも国を出し抜くことになりそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品