【スズキの秘密兵器『エリオ』】「M型」エンジン最初のバリエーション | レスポンス(Response.jp)

【スズキの秘密兵器『エリオ』】「M型」エンジン最初のバリエーション

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ『エリオ』に搭載されるエンジンは、すべて1.5リットル「M15A型」直列4気筒エンジンである。最高出力110ps、最大トルク14.6kg-mで、可変バルブタイミング機構(VVT)を備え、オールアルミ製だ。

発表会では新開発と説明されたが、基本的には昨年『スイフト』に搭載されてデビューした1.3リットル「M13A型」エンジンをボアアップし、排気量を拡大したエンジンである。この「M13A型」ユニットは、VVT採用、振動と騒音を抑えるクランク軸受け、フローティング式シリンダーヘッドカバーなどを採用した新開発の力作エンジン。「M15A型」ユニットも「M13A型」の血統を受け継ぐ。

スズキでは、「M13A型」エンジンを開発するにあたり、将来的には1.8リットル程度までの排気量をカバーするように設計。今回は最初のバリエーション展開となった。カルタスには1.5と1.6リットル、そして1.8リットルが搭載されているが、これらのエンジンはすべて「M型」なると予想される。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品