【解説-新世代『ミニ』】カリフォルニア・デザインだった | レスポンス(Response.jp)

【解説-新世代『ミニ』】カリフォルニア・デザインだった

自動車 ニューモデル 新型車

BMWは新型『ミニ』をこの秋のパリサロンで発表した。小型車の基準を塗り替えた先代から約40年、1997年フランクフルト・モーターショーでコンセプトカーとして披露されてからも3年がたっている。

BMWがローバーを所有していた時期に、この2社によって新型『ミニ』は協同開発された。その後、今年の初めにBMWはローバーを売却したのだが、「ミニ」の商標と新型車の製造販売権利は維持した。日本での販売開始は2001年10月と期待される。

写真で見る通り、新型は旧型と比べるとかなり大きくなっているが、ビジュアル的には強いつながりを持つ。デザインのクレジットはBMWのカリフォルニア・スタジオとして機能しているデザインワークス社のアメリカ人デザイナー、フランク・ステフェンソンに与えられる。

> 次回に続く
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品