【e燃費サポート日記 その6】新型『カローラ』好燃費のキモ! | レスポンス(Response.jp)

【e燃費サポート日記 その6】新型『カローラ』好燃費のキモ!

エコカー 燃費

先日お伝えした新型『カローラ』の10・15モード燃費は、ボリューム販売ゾーンである1.5リットル車で14.4〜18.0km/リットルとなかなかの数字ではあるが、この数字にはどのような技術的裏付けがあるのか、今日の発表会ではそのあたりを重点的に調査してきた。

担当者は開口一番、「電動パワーステアリング(1.3/1.5リットル車に標準装備)が大きいですね。これだけで、従来の油圧パワステ車と比べて約3%燃費が向上しました」とのこと。つまり電動パワステは、油圧パワステのようにエンジンに直接負荷を掛ける必要がないためだ。しかしその他に燃費向上のためのトピックはなく、(1)吸気バルブの開閉タイミングを連続的に変化させるVVT-iシステム、(2)ATのセッティング、(3)エンジン各部のフリクションロスの軽減、などの細かな改善でこの燃費を実現したという。

これだけでは今ひとつ腑に落ちない。1.5リットルAT車同士でカローラの車重を新旧比較してみると、1060kgから1040kgへと20kgの軽量化にとどまっているにすぎない。にもかかわらず、10・15モード燃費は14.6km/リットルから16.6km/リットルへと大きな進歩を見せているのはなぜか。

これはやはり、上記の数々のブラッシュアップはもとより、旧世代5A-FE型エンジンに代わって新搭載なった1NZ-FE型エンジンの燃費性能向上によるところ大なのではなかろうか。

トヨタのエンジンも世代交代が着々と進展し、『e燃費』のメーカー別ランキングも上位進出間違いなし! であろう。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品