ディーゼルエンジン悪者論は日本だけ!---欧州では高級車への搭載進む | レスポンス(Response.jp)

ディーゼルエンジン悪者論は日本だけ!---欧州では高級車への搭載進む

エコカー 燃費

BMWの高性能ディーゼル・エンジン(以下DE)が、このほど英の専門誌「エンジンテクノロジーインターナショナル」のクラス別「エンジン・オブ・ザ・イヤー2000」に輝いた。

受賞エンジンは3.0リットル直列6気筒と4.0リットルV8気筒で両方とも最新のコモンレール(蓄圧式)燃料噴射を採用する。3.0リットルは184PS、4.0リットルは可変ターボチャージャーを装備し、実に245PSというハイパワーを発揮。1999年以降の7シリーズに搭載されている。

熱効率の高いDEは、欧州でメルセデス・ベンツやBMWなど高級車も積極的に採用している。今のところ、こうした高性能DE搭載車の輸入販売に関して、各社の日本法人は「DEのイメージが悪い」などとして及び腰だが、ヒステリックな“ディーゼル狩り”に沸く日本市場にもぜひ導入してもらいたいものだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品