スマート・チャレンジ!……運転手のミスは事故原因の何割? | レスポンス(Response.jp)

スマート・チャレンジ!……運転手のミスは事故原因の何割?

エコカー 燃費

アメリカのNHTSA(道路交通安全局)は各自動車メーカーに対し、「スマート・テクノロジーの水準を上げドライバーのミスによる事故を減少させる」ことを要請している。NHTSAによると、交通事故の実に75%がドライバーのミスによって起こされており、最新の技術を使ってこうした人為的なミスを防ぐことで交通事故による死者はかなり防げるという。

スマート・テクノロジーとはクルーズコントロール、ナイトビジョン、スタビリティシステムなどを含めた自動車の機能を高度化することによりドライブを自動化する、あるいは悪コンディションでも安全度を高めるための技術の総称。このほか現在アメリカでは車間距離をレーザーで計測してドライバーに警告を発する、運転が不安定になった場合にブレーキ作動の警告を出す、などの安全装置の開発が次々に進められている。

NHTSAではメーカーがこうしたテクノロジーをよりクルマに導入し、普及させることでケアレスミスによる交通事故が減少する、として各メーカーに装備車両の台数を増やすよう要請しているのである。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品