「これだけ」か、「こんなに」か。20年後の燃料電池車の普及率 | レスポンス(Response.jp)

「これだけ」か、「こんなに」か。20年後の燃料電池車の普及率

エコカー 燃費

日本エネルギー経済研究所は、日本での燃料電池の普及台数が2010年度には2万台、2020年度には430万台にまで拡大するとの見通しを発表した。430万台の試算は乗用車の保有台数(5900万台)の、およそ7%に当たる数字。

燃料電池車の車両価格については、導入初期の販売価格は500万円だが、その後量産効果で200万円台に低下することを前提にして試算した。燃料電池車の燃料についてはメタノールやガソリン改質などがあるが、前提としたのは既存のガソリンスタンドで応用可能なガソリン改質で、メタノールが選択された場合、1700億円の設備投資が必要としており、インフラ整備にカネが掛かりすぎることが普及の障害となる見込みだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品