【こう変わった! VW『ポロ』 Vol. 1】真打ち登場---ホットモデル『GTI』 | レスポンス(Response.jp)

【こう変わった! VW『ポロ』 Vol. 1】真打ち登場---ホットモデル『GTI』

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、昨年本国で大幅なリファインが行なわれたフォルクスワーゲン(VW)の小型車 『ポロ』 を日本導入、同日より販売を開始した。

今回導入されるポロは全部で4車種、ホディカラーは都合8色。2ドア(3ドアハッチバック)と4ドア(5ドアハッチバック)、そして4ドア電動キャンバストップ仕様の「オープンエアー」。以上は1.4リットルエンジンを搭載する。レインジ最強の「GTI」には1.6リットルエンジンが採用される。

エンジンはいずれも新開発のオールアルミニウム製DOHC。GTIの1.6リットル(125PS)は電子制御スロットル・可変バルブタイミング機構を装備する。量販モデルの1.4リットルという数字は従来モデルから0.2リットルのサイズダウンだが、出力は75PSを維持している。トランスミッションはGTI以外は4AT、GTIは5MT。

ポロは1975年にドイツで発表され、日本には84年から少数が正規輸入された。96年から日本市場への本格導入が始まり、それ以来累積約4万7000台が販売され、VGJ販売構成比率の約30%を占める重要なモデルとなった。

新型ポロの販売目標は年内7000台、年度末までに9500台を予定。価格は2ドアの175万円からGTIの220万円まで。各種装備がほぼフル装備だから納得の値段だが、シンプルな廉価版がほしい。ルノー『トゥインゴ』149万円から、オペル『ヴィータ』159万円から、プジョー『206』165万円から、と比べてアピールが弱くはないか。日本の輸入車市場シェアトップ争いでメルセデスベンツをとらえたVGJの強気の現れだろう。
《編集部》

特集

おすすめの商品