キャデラック『ナイトビジョン』の性能を分析する! | レスポンス(Response.jp)

キャデラック『ナイトビジョン』の性能を分析する!

エコカー 燃費

キャデラック『ナイトビジョン』は、夜間の運転時に通常のヘッドランプの到達範囲外に存在している危険物や、障害物などが放射する遠赤外線を画像化し、ヘッドアップディスプレーにバーチャルイメージとして表示するシステム。ドライバーは、このバーチャルイメージを前方視界の一部としてとらえ、ヘッドランプの光で視認できる以前に対象物の存在に気付き、余裕を持った回避動作を可能とする。

レイセオン・システムズ社(アメリカ)の赤外線サーマルイメージング、つまり対象物の放射する遠赤外線エネルギーを画像化する技術を、同社とGMが協同でキャデラック用として実用開発を行なった。軍事用途ではすでに製品化されていたが、クルマへの適用は2000年型『ドゥビル』が世界で初めて。「先端技術」をテーマにブランドイメージを高めるキャデラックならではの技術だ。

ナイトビジョンによる視認可能距離は、条件によっても異なるが、通常のヘッドライトと比較し、ロービーム到達距離の3〜5倍、ハイビーム到達時の2倍に達する。また赤外線と可視光線で波長が違うので、対向車のヘッドライトとのハレーションが発生しない。

画像表示にはヘッドアップディスプレイを採用し、運転席からは画像がエンジンフードの先端の位置に見える。そのため視線移動がほとんどなく、またハンドルから手を放さずに画像を見ることが可能である。

現在は車両一体組み込みのシステムであり、メーカー・オプションとして設定されている。また現時点ではドライバー支援システムであり、自動制御装置ではないが、もちろんその方面への発展も可能だろう。
《高木啓》

特集

おすすめの商品