だから1125億円!? 中型セダン7車の衝突テスト結果公開 | レスポンス(Response.jp)

だから1125億円!? 中型セダン7車の衝突テスト結果公開

エコカー 燃費

だから1125億円!? 中型セダン7車の衝突テスト結果公開
  • だから1125億円!? 中型セダン7車の衝突テスト結果公開
  • だから1125億円!? 中型セダン7車の衝突テスト結果公開
アメリカの非営利団体ハイウェイ安全保険機関(Insurance Institute for Highway Safety、IIHS)がこのほど行なった、前面オフセット衝突テストで、2000年型スバル『レガシィ』が総合成績で“良好”と 判定された。対象となった大衆向け中型セダン7車種中、“良好”と 判定されたのはレガシィだけ。

今回のテストは、試験車両の全幅の40%を、速度40マイル/h(約64km/h)でアルミハニカム製デフォーマブル・バリアに衝突させるもの。そして部分評価と全体評価に分けて、“GOOD”(良好)、“ACCEPTABLE”(許容)、“MARGINAL”(許容の限界)、“POOR”(貧弱)の4段階で評価する。

全体評価で最も安全性が低かったのは、大宇(デーウ)『レガンサ』。衝突後のAピラーの後退がレガシィで1cmだったのに対しレガンサでは10cmだった、とIIHSのリポートはこの2車をわざわざ比較してテスト結果を報告している。

レガシィは今回のテストで“ベスト・ピック”も獲得した。大衆向け中型セダンカテゴリーでは今回を含めてこれまでに14車種がテストされており、ほかに“ベスト・ピック”を獲得したのはトヨタ『カムリ』(1997 - 2000年型)だけである。

7車種の全体評価は以下の通り。便宜的に星でも表記し、4個が満点。マツダ『626』は日本名『カペラ』、日産『アルティマ』は日本市場の『ブルーバード』の兄弟車。

スバル・レガシィ(2000年型) “GOOD”★★★★
マツダ626(1998 - 2000年型) “ACCEPTABLE”★★★☆
サターンLS(2000年型) “ACCEPTABLE”★★★☆
シボレー・マリブ(1997 - 2000年型) “ACCEPTABLE”★★★☆
日産アルティマ(2000年型) “MARGINAL”★★☆☆
ポンティアック・グランダム/オールズモビル・アレロ(1999 - 2000年型) “POOR” ★☆☆☆
大宇レガンサ(1999年型) “POOR”★☆☆☆
《高木啓》

おすすめの商品