【日産『ティーノ・ハイブリッド』 Vol. 1】日産のハイブリッド、4/14からネットのみ100台販売

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車は、ティーノにハイブリッド・システム「NEO HYBRID」(ネオ ハイブリッド)を搭載した『ティーノ・ハイブリッド』を発表した。ガソリン・エンジン(1.8リットル)と電気モーターをCVTを介して接続するシステム。

大人5人がゆったり乗ることができ、充分な荷室スペースも確保するということが、トヨタ『プリウス』、ホンダ『インサイト』の先発ハイブリッド車とは異なる特長である。

なお今回は販売台数を100台とし、購入予約を4月14日14時よりインターネットで先着順に受け付ける。日産自動車ホームページの「羅針盤パスポート」メンバーには、10時より優先的に受け付けを開始する。増産は反響を見てから検討するという。

ティーノ・ハイブリッドの燃費は5人乗りで10・15モード燃費23.0km/リットルと発表されている。運輸省のホームページによれば、20〜30kg重い10・15モード燃費20.5km/リットルのモデルが存在すると書いてあるのだが、今回のネット販売では選べないようだ。
《高木啓》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品